3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

岩上安身 いわかみやすみ

ジャーナリスト・IWJ代表

福島の子どもの甲状腺がんの多発は、福島原発事故に由来するものであると考えるのが妥当です。少なくとも、その仮定に立った真剣な検討が行われなければならないでしょう。本来であれば、国は責任を受けとめ、せめて医療費や交通費を払うべきです。政府が「棄民」を続けるならば、不安と孤独に置かれた方々に寄り添い、微力ながら、少しでも力を貸すことができれば、と願います。

 2016.9.14