3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

小沢牧子 おざわまきこ

臨床心理学者

小さな身体に原発災害を被ってしまった子どもたちに謝りたい。あの時までうかつにも無自覚に、原発を許してきてしまったひとりのおとなとして。いま、被災しその影響を大きく受けた親子のかたがたへの支援活動に連なりたいと思います。
被災者の表明が権力によって、「気持ち・心の問題」へと歪曲・矮小化されることがあってはなりません。
国と専門家に対し、健康被害のまっとうな調査・対策を進め、被災者への十分な支援を行うように求めます。

 2016.9.14