3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

鎌田慧 かまたさとし

ルポライター

すべての原発と核施設の廃絶が、私たちの希望であり、運動のテーマである。
しかし、そればかりではなく、核汚染地住民の生活及び健康支援も重大な課題である。とりわけ、甲状腺がんの子どもたちへの責任は大きい。先の長い被害者救済運動になるが、 政府と東電との交渉もふくめて、多くのひとたちの協力を仰ぎたい。

 2016.9.14