3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

亀山ののこ かめやまののこ

写真家

3.11後に小児甲状腺がんになってしまった子どもたちの数は、それまでの数十倍とも言われています。
私は原発事故と関係があると思っています。
がんになってしまい、手術や治療を続ける子どもたち、一人ひとりに人生がある。
遠い誰かのことと目をつぶってしまうことは、自分の中で何かを切り捨てることになる。
どうか切り捨てず、守りたい。
子どもたちの未来のために一粒の力にでもなれたら。
その一粒が増えていきますように。

 2016.11.10