3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

  • 香山 リカ
    精神科医 【3・11甲状腺がん子ども基金顧問】

     原発事故で飛散された放射線による子どもの甲状腺への影響が懸念されています。 そして、検査によって甲状腺がんなどの異常が見つかり、手術などの治療やフォローアップを受けている子どもが実際にいます。 ・・・ ( 2016.11.3 )

    続きを読む

  • 中村隆市
    放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク代表

    原発事故のあと、福島県の小児甲状腺がんが「数十倍」に増え、手術を受けた子どもの70%以上が、リンパ節に転移しており、肺への転移や再発なども報告されています。 この問題は、国民皆で考えるべき問題だと・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • female-user

    福武公子
    弁護士・原発被害救済千葉県弁護団

    政府は2017年3月には帰還困難区域を除いて避難指示を解除し、その1年後には補償を打ち切る「帰還促進政策」を進めています。線引きの基準は年20ミリシーベルト。事故後6年でもこの高さ!! 親は子どもの健・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 井戸謙一
    弁護士

    100万人中、年1~2人しか発生しないはずの小児甲状腺がんが福島県だけで172人も確認されています。この子たちのがんの原因は90パーセント以上の確率で被ばくであり、その損害は、国や東京電力によって手厚・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 向井承子
    ノンフィクション作家

    私は東京大空襲の炎の底から生き残った子どもです。80歳近くまで生きてきて、残された時間で「戦争の記憶」を語り継ごうとしていたところで、人類の生命、未来への狂気の侵襲、原発事故をつきつけられました。国家・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 永田浩三
    武蔵大学

    これまでも被ばくの被害者は何重にも苦しんできました。ご自身の心身への影響だけでなく、社会的な無理解や誤解、そして差別。そうしたことを福島でこれ以上拡大させてはなりません。どうか基金へのご支援をお願いい・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行